My Photo
無料ブログはココログ

« 金正日の拉致調査指令? | Main | 北朝鮮の核施設閉鎖 »

June 30, 2007

北朝鮮向け短波ラジオ放送

政府の「ふるさとの風」は1億3000万円。民間の「しおかぜ」は1000万円

 政府による北朝鮮向け短波ラジオ放送「ふるさとの風」が、7月9日から始まる。
 ラジオ放送自体は大いに結構である。どんどんやってもらいたい。
 詳細を政府は全く公開していないので、曖昧だが、年間予算は1億3000万円ぐらいで、毎日1時間、そして内容は「政府認定の拉致被害者」の情報発信とのことである。
 ここで、疑問がわく。
 なぜ、1億3000万円もの巨費がかかるのか?
 なぜ、情報発信だけで、情報収集に活かそうとしないのか?
 そして、一番大切なことは、なぜ「政府認定の拉致被害者」だけの情報発信なのか?
 放送内容は、特定失踪者問題調査会の短波ラジオ放送「しおかぜ」と変わりはないようである。つまり、拉致被害者家族のメッセージとニュースである。放送言語も、日本語、英語、ハングルのようである。使用するラジオ放送局は、「しおかぜ」と同じ英国の会社である。
 ところが、それにはいわゆる「特定失踪者」の問題も「特定失踪者のご家族のメッセージ」は含まれないとのことである。
 本当にこれで良いのだろうか。
 民間の「しおかぜ」は、諸経費込みで年間1000万円程度である。録音・編集は、調査会の村尾理事一人の手作業である。外国語のアナウンスや翻訳は、全てボランティアである。方や、政府の方は、社団法人海外広報協会に委託させて、またそこがどこかの会社に編集などを孫請けさせて、録音、アナウンス(多分プロ?)、翻訳をやるのだろう。経費がその分かかるとしても1億3000万円もかかるものだろうか。
 先に政府が実施した、日本国内向けのテレビコマーシャルにもほぼ同額の予算が使われた。内容は、横田さんの家族らしき人物たちが海岸に表れて、後ろから黒い影がでてくる、というものである。15秒ぐらいだったか。それを2週間全国のテレビ会社が配信した。
 効果はどうだっのか。私は全く目にすることはなかった。色んな人に聞いてみたが「そういえばそんなのあったな。でも私は見ていない」あるいは「一度見たけれど、あれ?という感じだった」で終わりである。
 おそらくは、政府の短波ラジオ放送も、テレビコマーシャルと同じような効果だろう。だとしたら、そんなに巨費を投入して政府の主催事業としないで、民間NGOにその分を委託したら、10倍の放送量を実施することができるのである。北朝鮮向け短波ラジオ放送は、私の知る限りで、韓国で2団体、日本で1団体、米国でも2団体が行なっている。さらに、今度、「救う会」の支援で、自由北韓放送の日本支局ができたとのことだ。それらに、補助金という形で、放送の委託をすれば、もっと効果が挙がるのではないだろうか。
 実際、米国政府は、金額はわからないが、北朝鮮人権基金から、民間のNGOに対して、そうした事業への補助金を流す仕組みができている。もちろん「カネは出すが、クチは出さない」。日本でもできないことではないだろう。
 私が昔市議会議員をしていた時、中学校に初めてパソコンを導入するということがあった。その数は10台である。その予算がなんと1000万円だった。パソコン1台につき、100万円である。もちろん、部屋の改装費用は別である。私は「なんでそんなにかかるのか」と質問をしたが、「ああでもない。こうでもない」と全く要領が得ないまま、予算は可決である。
 政府の事業とは、中央も地方も全く同じである。「予算がない」と口癖のように言うのだが、イザとなると、民間では考えられないような金額と内容で予算が執行される。このパソコン購入も、文部省の補助金で行なったものだったと記憶している。
 その時は、某パソコンメーカーからの購入であったが、仕様は、普通のパソコンをネットワークでつないでいるだけのものだった。いいようにメーカーにやられたのである。
 今話題の社会保険庁の1兆円ものコンピューター管理経費も同じである。契約書もなしで、KDDにいいようにやられていたのである。
 ついでに言うと、その市では、文化会館新設の際に、誰も存在を認識しないモニュメントに、2000万円の巨費を投じた(文化会館の前にある黒い石の物体である)。クラシック・コンサート専用ホールと名乗っておきながら、緞帳(クラシック・コンサートで絶対に使わないシロモノ)に3億円近い巨費を投じた。
 こうしたことを下世話な言葉で言えば、政府の事業は業者にとって「いいカモ」だということである。業者にとっては、絶対に喰いっぱぐれしない。政府も税金を使うのだから、自分たちの財布は痛まない。
 今度、「ふるさとの風」を受託した社団法人海外広報協会のホームページを是非見て欲しい。なかなか立派な事業を展開していると感じられる。ところが、北朝鮮問題について記述は全くない。いわんや拉致問題など一言も記述がない。さらに、役員は高級官僚の天下りであることがわかる。「天下り」が問題になっている最中のことでもある。
 拉致問題という重要な政策課題の執行にあたって、政府の事業が高級官僚の「天下り先」の「いいカモ」になってしまったら、本当に良いのだろうか。そもそも、この社団法人の役員たちは、北朝鮮の人権問題をどのように考えているのだろうか。脱北者の支援を一回でもしたことがある人たちなのだろうか。それこそ、拉致問題の集会への参加や、カンパなど、何でも良いが、一度でも関わった事がある人たちなのだろうか(この役員の中に、私が「しおかぜ」への支援を要請しにいって、やんわりと断られた団体と会社の役員もいる)。
 なにより、特定失踪者の問題や、その家族の人たちの苦しみや悲しみを、どれだけ理解した上で、短波ラジオ放送を進めていくのだろうか。せめて、それぐらいのメッセージを始める前に、キチンと出してもらいたいものである。

社団法人海外広報協会

理事長  秋富公正 常勤 元総理府 総務副長官
専務理事 山崎敏子 常勤
常務理事兼事務局長 福山博幸 常勤
理事 石原信雄 財団法人地方自治研究機構 理事長 元内閣官房副長官
同  大竹美喜 アメリカンファミリー生命保険会社創業者・最高顧問
同  小長啓一 AOCホールディングス株式会社相談役 元通商産業事務次官
同  張富士夫 トヨタ自動車株式会社 会長社団法人日本経済団体連合会 副会長
同  寺田輝介 財団法人フォーリンプレスセンター理事長 元駐韓国 特命全権大使
同  長岡實 財団法人資本市場研究会理事長 元大蔵事務次官
同  山本鎭彦 元警察庁 長官 元駐ベルギ- 特命全権大使
監事 本間美邦 税理士、本間会計事務所 所長
同 武藤春光 弁護士、元広島高等裁判所長官

http://home.jcic.or.jp/jp/index-j.html

 ちなみに、本件について、調査会村尾理事による「しおかぜ通信」にも同様のコメントがあるので、ご覧いただきたい。

http://senryaku-jouhou.jp/tayori.html

« 金正日の拉致調査指令? | Main | 北朝鮮の核施設閉鎖 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮向け短波ラジオ放送:

» 【動画】ふるさと納税論議が国民に与えたものとは [東国原式。ひがしこくばるしき。]
松沢・神奈川県知事と東国原・宮崎県知事。ふるさと納税の賛否を分けた両者の主張。このテレビニュースを見た国民は、どう感じたのでしょうか。「地方自治体間の格差是正は、本来、地方交付税で調整すべき。地方間に格差があるから地方同志の税で調整せよとはいかがなものか」という松沢・神奈川県知事の主張に対して、地方圏に住む国民は、素直にその主張の正しさを理解しましたね。「"ふるさと"という心をふるわす言葉と"納税"という国民�... [Read More]

« 金正日の拉致調査指令? | Main | 北朝鮮の核施設閉鎖 »