My Photo
無料ブログはココログ

« November 2008 | Main | January 2009 »

2 posts from December 2008

December 20, 2008

Andy Changの論評  (2008/12/17)

[AC通信:No.260][AC論説] No. 260 馬英九の真骨頂

「群盲象を撫でる」と言う言葉があるが、台湾の実情はまさにその通りで、メディアの報道は当てにならない。外国人の報道、評論は台湾メデイアの受け売りだからもっと当てにならない。台湾に帰って自分で見てきた人の話とは大いに違う。特に違和感を覚えるのは馬英九の印象である。

私の見聞したところ台湾は確実かつ急速に人権を喪失し、独裁化が進んでいるようである。中国人の陰険な策謀で、中国と台湾が同じ程度の独裁国家になれば簡単に統一できると言うことである。

●台湾の強みは民主国家だった

台湾は独立した民主国家というのが中国の覇権に対する強みだった。民主国家が独裁国家に併呑されれば大きな人権問題となるはず、中国は武力侵攻することが出来ないと言われて来た。実情はあまり民主でなくても、台湾は民主国家という看板を下ろすことはなかったのである。

ところが馬英九政権になると民主、人権は抑圧され、国民党メディアは人権弾圧を報道しない、だから外国は台湾の実情を知ることが出来ない。民間でも実際に起きた人権蹂躙は民間の噂だけで、多くの民衆もメディアのウソに騙されている。いまの台湾では真実を報道することすら許されないのが実情である。

同じ時期に中国では民主運動が起きて、12月10日に「08憲章」を発表し、多くの人がサインしたが、次の日には民主運動家の劉曉波が08憲章にサインしたため逮捕された。張祖樺も逮捕されたが翌日釈放された。

08憲章の内容を見ると、自由、民主、平等、共和、憲政などを主張し、更に憲法改正、権力分立、立法民主、司法独立など、15項目からなる基本主張を宣言したもので、台湾人民が国民党政権に抗議しているものとソックリなのである。つまり、それだけ台湾の民主が後退したと言うことだ。

民主国家を宣伝していた台湾で、国民党が政権を奪回すると半年で台湾人に対する大弾圧が起こり、陳水扁を始め多くの台湾人が逮捕された。立法、司法、警察などの独裁が進み、中国の人権蹂躪、覇権と同じような国になった。中国で民主化運動が起きているのに、台湾は独裁となり、両方が「歩み寄って」独裁国家となれば中国人の台湾併呑に抗議できない恐れがある。

●馬英九は無能か?

馬英九は無能だと言われている。突っ込んだ質問に対する反応はかなり鈍く、政治能力がないと一般に知られている。しかし国民党の長老、主流派が政策を表に立てて施行しているのは確かだが、国民党の主流派と対立しているのではなく、一致していることに注意しなければならない。連戦は長老だが能力のない人間と言われている。国民党の内部ではいろいろ違った意見があるが中国接近に反対するものはいない。

馬英九は台湾の中華民国と中国の中華人民共和国が香港形式の一国二制度を実施することを望んでいる。しかし中国は中華民国政権には反対である。しかし国際状況から見て中国側が一時期でも馬英九の一国二制度を受け入れる可能性はまだある。

馬英九の真骨頂は誰も理解していないように思える。馬英九には表と裏があり、政策は他人任せで他人の責任にしているが、蔭の馬英九はかなりの影響力を行使していると思える。例えば陳水扁や丘義仁などの逮捕や釈放について司法部では検察官と裁判官の間に違いが見られるが、馬英九の蔭で強大な圧力を加えたと言われている。

陳雲林を招いて四つの商業協定を結んだが、反対や抗議に対し馬英九は弁明もせず、協定は違法であると指摘されても沈黙を守り、そのうちに協定が実施されてしまった。これを見れば馬英九は人民の抗議や、米国の抗議は完全に無視して強引に政策を実施している。中国とまったく同じで人民の抗議や反対など完全無視である。

馬英九が無能といわれても独裁化がどんどん進んでいくのだから、実際には馬英九の陰険な皇帝ぶりに注意すべきなのだ。皇帝が英明である必要はなく、皇帝の権力は絶大なのだ。

●金溥聡はなぜ香港にいるのか

中国接近が進んで商業と政治の一体化が進めば統一など討論する必要はなく、数年で実際に統一してしまう可能性が強い。台湾の国民党が中国の圧力に屈服すれば彼らの立場はなくなる。だから国民党の主流派も一国二制度に半分期待していると見るべきだろう。

馬英九の蔭武者といわれる金溥聡が台湾から姿を消して、香港で教鞭を取っていることに注意した人は少ない。馬英九の影武者が香港で中国とどのような交渉をしているか誰も実態を知らないのらしい。馬英九の一国二制度は香港で秘密裏に交渉されているのではないか。香港は中国の窓口である。香港でどんな秘密交渉がさえているのか誰も知らないし、メディアも報道もない。

国民党と中国の交渉は連戦と江丙坤の二人を主体として行っている。だが金溥聡は馬英九の影武者である。つまり国民党が北京で胡錦濤と連絡を取っている間に、馬英九は別の路線で香港経由の交渉を行っているのかもしれないと言うことである。

●中国には台湾政策がある

中国の陳雲林が台湾を訪問し、台湾人の危機感が高まって50万人と言われる大デモンストレーションが起きた。台湾人が大規模な反対運動を起したので中国も恐れをなして統一は棚上げにされたと言う人が出てきた。中国には確たる台湾政策はないと報道した人もいる。だが本当にそうだろうか?

台湾人のデモンストレーションが起きても陳雲林が馬英九政権とサインした4協定は既に発効し、旅客機の発着、船舶の直航なども現実となった。台湾人が得意になっているうちに統一へ向けて一歩前進となった。これを見れば中国と馬英九政権には少しずつ進展があり、人民の抗議に影響されていないことがわかる。

●オバマの密使

陳水扁が収監され、手錠をかけられたニュースは世界中で人権問題として報道された。つづいて元行政院副院長の丘義仁が収監され、有罪判決をうけた罪人でもないのに、彼の人権を無視して丸坊主にされた写真は、台湾の人権蹂躪がこれほど残酷かを示すものだった。

民衆はなす術を知らない。メディアの報道は陳水扁が「汚職まみれ、違法、公金横領」と断罪しているので、民衆は司法が無補、横暴であると知りながら司法の裁判を待っている。これはおかしな話で、既に司法が無法横暴であると知っていながら司法に公平、正義を期待するのは愚劣である。

数日前にアメリカ大統領に当選したオバマが台湾に密使を送って馬英九と会談し、台湾の人権無視について警告を発したと言う噂が流れた。アメリカは中華民国の官僚と直接交渉することは禁止されているが、密使を送ることは出来る。密使は人権問題について馬英九に厳重な警告をしたと言われるが確認は出来ない。

数日後に台湾のメディアは、アメリカのニューヨーク大学のジェローム・コーエン(Jerome Cohen)教授が馬英九を訪問し、「台湾の検察官と法官の独立性に対し、安心した」と伝えたと報道された。コーエン教授は馬英九がハーバードに留学していた時代の教授である。

しかし、コーエン教授がわざわざ台湾にやって来て「台湾の司法検察の独立性に安心しました」という必要があるだろうか。メディアはアメリカの警告を書かずウソの報道をしている。コーエン教授がオバマの密使だった可能性は高いが誰も真実を知らない。わかっているのは馬英九がアメリカの「警告」をも無視して検察官に陳水扁の釈放に異議申し立てをさせたことだ。

●馬英九の真骨頂

いま日本で評判になっている大河ドラマ、「篤姫」のなかで徳川家定はバカを装った賢い男だったとされている。皇帝がバカでも国の政治は成り立つのである。馬英九は皇帝を気取っていると宮崎正弘氏は書いたが、おそらくこれは真実だろう。

馬英九には以下のような五つの面があると思う:
(1)彼は皇帝になったと思っている。皇帝となれば「下賎の者」の評判や抗議は気にしない。責任を負う必要はない。皇帝は無謬、至上である。
(2)国民党では内部の意見が分裂して馬英九は彼らの言いなりになっているというが、実際に馬英九と国民党は裏で密接に繋がっている。
(3)中国問題では連戦と江丙坤を主体とするグループに任せている。
(4)しかし彼自身は金溥聡を香港に配置して独自の外交を行っている。
(5)内政問題は行政院長、司法問題は司法部長に任せ、経済は経済部長に任せているように見せかけているが、実際は彼らを蔭で操っている。

馬英九は中国人である。中国人は誰でも陰険で残忍な性格をもっている。このことを忘れてはならない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
読者のご感想をお待ちしています。bunsho@cox.net まで。バックナンバーは:
http://www.melma.com/backnumber_53999
左側上部に「登録する」ボックスがあり、登録すれば今後の記事は自動配信されます。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

December 10, 2008

Andy Changさんの論説 2008.12.10

 下記は、台湾人のAndy Changさんの論説。
 台湾問題を考えるときに、いつも貴重な示唆を与えてくれる。
 これから、彼の論説が届いた際に、このブログにも転載していきたい(ご本人にはかなり前に了解済み。私が手抜きでこれまでサボっていました(~~);)

*****

中華民国は台湾人の敵である。中国人は台湾人の国づくりに反対するから台湾人の敵である。中国人と妥協すれば独立は達成できない。


[AC通信:No.259]Andy Chang (2008/12/09)
[AC論説] No. 259 土地と人権は国家の必要条件

民主国家の観念についていろいろな人が国名や国土、政府と制度などを国家の条件として討論してきたが、重要な条件は民権〔人権〕の存在である。民権のない国は独裁国家である。馬英九政権が独裁になっていくなかで、台湾大学の学生を主体とする大学生の「野草苺学連運動」が起こり、民間の強い支持を得て民権(人権)運動を始めた。だが学生たちも支持者たちも国家の観念にアイマイさがあると思う。

中華民国は台湾人の敵である。中国人は台湾人の国づくりに反対するから台湾人の敵である。中国人と妥協すれば独立は達成できない。

●国家の観念は不動ではない

国家の観念は不動ではなく変動する。国民の国にたいする意見も変るが、国際関係も変る。アメリカは民主国家だが、保守とリベラルが何度も振り子のように行き来している。国際関係も変化が激しい。アメリカと北朝鮮の関係の変化はその一例である。

嘗て中華民国は国連の安保理事会の会員だったが、中華人民共和国が国連に加盟したため自動的に中華民国は国連を脱退した。やがて1978年になるとアメリカは中華人民共和国と国交を結び、中華民国と断交するに至っ
た。そして台湾は中華民国の領土ではなく、台湾に国際的地位は未定であるということが明確にされた。

国際関係を規定することもある。台湾関係法はアメリカの国内法で、アメリカと台湾の関係がカーターの無知やクリントンの貪欲で勝手に変えることができないように規定した法律である。

台湾関係法は「アメリカが台湾の国際的地位について暫定占領権と最終決定権はアメリカが握っている、台湾は中国の領土ではない」という証拠である。馬英九政権が中国接近を始めたのでアメリカは遂に「台湾は中国の領
土ではない」ことを明らかにした。

●台湾の国家観念の変遷

台湾は終戦後すぐにマッカーサーの指令により蒋介石に占領され、中華民国を名乗ってきた。そして蒋介石は中国大陸も中華民国の領土であると主張してきた。しかしその後の変遷で台湾と中国の関係はいろいろと変化して
きた。簡単に箇条書きにすると:

〔1〕 1992年まで、蒋介石の主張は「台湾は中華民国の領土の一部」
〔2〕 1992年、李登輝は中華民国と中国は「特殊な国と国の関係」
〔3〕 2001年、陳水扁は「一辺一国」 (お互いに関係のない国)
〔4〕 2008年、馬英九は「台湾と中国は二つの区域」
〔5〕 アメリカは「中国は一つ」だが、台湾を含んでいない。
〔6〕 アメリカは「中華民国は国家として認知されていない」

台湾の国際地位の変遷を見ると「台湾は国家である」と言う主張が不明瞭であることがわかる。台湾は国家であるが名前は中華民国で、列国が認めない国である。

●国際的観点と国民の国家観念

蒋介石時代の中華民国は独裁国家だった。李登輝が総統になってから民主選挙を導入し、民主国家の形が確立した。これは大きな業績である。そして台湾は民主国家として世界に認められた。

しかし中華民国は中国と対抗する国であから、「民主国家と独裁国家」の構図は「二つの中国の対立」を生んだ。「民主と独裁」が「統一と独立」という対立の構図となり、台湾〔中華民国〕は中国と違う国であり、「特殊な関係の二つの中国」となった。つまり、中華民国は台湾人の国ではなく、蒋系中国人の国であり、毛系中国人とは違う中国である。

陳水扁が総統となると「一辺一国」を主張して中華民国と中華人民共和国はお互いに関係のない二つの中国とした。だが、陳水扁も中華民国を台湾国に変更できなかった。後年になって陳水扁は中華民国を台湾名義に変更しようと試みたが、国際間の同意もなく勝手に変更は出来ないとしてアメリカは反対した。今でも「台湾名義で国連加盟」を推進する人がいるが、無益なことである。

馬英九政権は「二つの地区」論を主張して、中華民国と中国は一つの中国の中にある二つの区域であり、台湾も中国領土の一部分であると認める主張をした。そこでアメリカは直ちに「中華民国は存在しない、台湾は中国の領土ではない」と反論した。

アメリカは台湾の主権を握っているが、台湾をアメリカの領土に編入する意図はない。そして陳水扁が中華民国を台湾国に変えることに反対した。しかし、アメリカは台湾人の民権運動に反対しなかった。その実例が林志昇/ハーゼルの「台湾平民政府」である。これは台湾人の意思によって造られた平民政府だからアメリカは反対する理由がない。台湾が人民の意思で独立するなら平民政府から独立するべきで、これならアメリカは反対できない。

●中華民国の首枷

台湾は独立国家だからいまさら独立する必要はない。ところが今の国家は中華民国で台湾国ではない。国名の変更は公民投票で決めなければならない、そして公民投票法は中華民国の法律であり、国会の75%を占める国民党系の議員が反対するから、台湾人の意思で変更することはできない。つまり馬英九の中華民国は独裁国であり、台湾人の敵である。李登輝が作ろうとした民主国家(しかもそれは中華民国である)ではない。

台湾は独立した国家であると思うから台湾人は中華民国の法律に従って選挙に参加し、国民党の制圧の下で敗北する。選挙に大敗したあと、民進党は相変わらず中華民国を遵守し、台湾人民には遵法精神がある。しかし馬
英九は就任した後急速に中国化しただけでなく、台湾人の粛清を強行し、抗議一切を無視する独裁国家となった。これが中華民国の首枷だが台湾人は独裁を嫌悪しながら反抗しない。「独立した国を維持するため、台湾人は首枷を嵌められても我慢しろ」というのだ。

台湾人の政治家が毎日のようにメディアのデッチ上げ報道で逮捕され、拘留され、やがて有罪判決を受けて監獄に入れられる。これは228事件より残酷な台湾人指導者の弾圧である。陳水扁の断罪は台湾人全体に対する弾
圧である。

法律には「疑わしきは罰せず」の原則があり、罪が証明されてから始めて監獄に入れられるべきだ。しかし馬英九政権はメディアがウソの報道をすれば検察官がウソに基づいて関係者を喚問し、証拠不十分でもすぐに拘留するという極権である。それでも台湾人は独裁に反抗せず、「中華民国は台湾人の敵である」事実を認めようとしない。

●「野草苺学連運動」の人権運動

政治家があまりにも不甲斐ないので、学生が連合して人権運動を開始した。彼らの要求は三つしかない。(1)馬英九と劉兆玄の公式謝罪(2)警察署長と国安局長の引責辞職、(3)人民集会法の改訂である。馬英九政権は返事しないで完全に無視する態度を取っている。

海外も台湾の有志も野草苺学連運動を全面的に支持して、応援や連合運動などを示唆してきた。しかし野草苺学連運動は政治家や政党の介入を拒否し、単独で運動を続けている。

私は野草苺学連運動を支持するけれどあまり期待していない。理由はいくつかある。(1)民権運動は国民全体が参加すべきである。(2)学生だけで他人を拒否する学生たちの部分的運動は独裁政府を動かすほどの効果は
ない。(3)野草苺学連運動は中華民国政府に抗議したが、政府に抗議することは独裁政権の民主化を願っていることで、無益なことだ。独裁政権が簡単に学生運動に屈服するはずはない。日本の全学連、中国の学生運動など、いずれも失敗に終わっている。

●「土地と人権」が国の必要条件

台湾の独立運動は40年以上の歴史を持っているが、成功していない。なぜかと言えば理論に偏りすぎて「人権」の要素が欠けているからだ。他人が作った国〔中華民国〕を作り変えて台湾国を作るとは「外省人の作った国」を潰す事であり革命である。外省人が極力反対するのは当然で、対立は革命に他ならない。それなのに民進党は外省人と妥協したがる。

台湾は独立した国である、土地があり、(中華民国という)政府があり、人民があり、(中華民国の)憲法がある。しかしこの国に人権はない。人権がなければ民主国家ではなく、台湾人民は「外省人」の奴隷である。

土地があり、住民がいて、政府らしき制度がある、これは「国家の制度を持つ土地と人民団体」だけで、国家は国際的に承認されなければならない。住民が国家を造る権利を主張し、政府制度を作り、憲法を制定し、国名を決
める。そして諸国がこの国を承認して始めて国家として存在が認められるのだ。土地があり制度が存在しても住民の自決権が行使されなければ国家として認められない。住民自決が先決であり、他の国が助けるとか、国を造ってくれるはずがない。

「野草苺学連運動」は民権運動の開始で、多くの人民が支持している。しかし学連側もこの運動を単なる学生運動として限定せず、全民運動に持ち込まなければ大きな目標は達成できない。私は野草苺学連運動を歓迎する。そして同時に彼らが民間の参与と相互の合作を推進し、人権運動が大きく発展していくように願っている。

*****


« November 2008 | Main | January 2009 »