My Photo
無料ブログはココログ

« ミャンマーの少数民族による自治に向けて | Main | スペイン カタルーニャ州における独立派の動き »

November 27, 2012

スペインにおける少数民族の独立の気運

 スペインにおけるバスク州やカタルーニャ州といった、少数民族自治州の独立の気運が高まっている。
 下記は、スペインにおいて実施されたカタルーニャ州議会議員選挙の結果についての読売新聞の記事。
 カタルーニャ州は、その西部にあるバスク州と同様に、スペインの少数民族による自治州である。両州とも経済的には裕福で、財政破綻寸前のスペインにとどまることより、自州の経済的利益を確保するために独立しようとする機運が高まっている。もちろん、経済的利益の確保のためのみならず、彼らにとっての「独立」は長年の悲願でもある。
 両州の今後の動き次第で、欧州における少数民族(必ずしも少数ではないものの)の「独立」が加速するかもしれない。独立への熱い思いは、英国のイングランド、ベルギーの北部オランダ語圏といった、メジャーな国にも及んでいる。EUという巨大な超国家が行き詰っている時に、逆に少数民族の独立が活性化しているということである。
 日本のような「大阪都」といった話とは別次元の、もっと大きな地方自治の動きである。今後の推移が注目される。


【バルセロナ(スペイン東部)=三井美奈】スペイン17自治州で経済規模が最大のカタルーニャ州の議会選(定数135)が25日行われ、州の独立を支持する勢力が過半数を占めた。
 開票結果によると、アルトゥール・マス州首相が率いる独立支持派「集中と統一(CiU)」(改選前62議席)は50議席と大きく退潮しながら、第1党を維持。急進独立派のカタルーニャ左翼共和党(同10議席)が21議席で第2党に躍り出た。
 一方、中央政府のラホイ首相が率いる国民党(同18議席)は19議席を獲得。第2党だった社会労働党系のカタルーニャ社会党(同28議席)は20議席に後退した。
 マス氏は「独立を問う住民投票の実施」を公約。選挙では、住民投票を支持する4党で合計87議席を占めたが、マス氏は同日夜、「単独過半数の目標には程遠い結果となった。今後の政策を考える時間が必要」と述べ、投票について明言を避けた。

(2012年11月26日11時10分 読売新聞)

« ミャンマーの少数民族による自治に向けて | Main | スペイン カタルーニャ州における独立派の動き »