My Photo
無料ブログはココログ

« 米軍もミャンマーにおける不明米軍兵の遺骨調査へ | Main | ミャンマーの旧日本兵遺骨帰国運動の幹部が拓大を表敬訪問 »

January 30, 2013

ミャンマーにおける少数民族地域の旧日本兵情報

下記は、ミャンマーにおける少数民族地域の旧日本兵情報についての、読売新聞記事。
 先月のUNFCでの会議の場でも、この記事のような情報が多く語られていた。その情報を検証していく作業が、これから少数民族の関係者によって進められていくことになる。彼らの協力に心から感謝したい。

**************************************************************

【バンコク=深沢淳一】ミャンマーの少数民族勢力地域での旧日本兵の遺骨調査に関し、一部勢力が支配下の集落で聞き取り調査を始めたことが28日、関係者の話でわかった。
 戦後も帰国しなかった旧日本兵が数年前まで生存していたという情報も2件寄せられたという。
 調査には計14勢力が参加し、ミャンマー政府の管轄地域以外の全地域で行う。
 このうち東部シャン州などの一部を支配するパローン州自由戦線(PSLF)、パオ民族解放機構(PNLO)、西部ラカイン州のアラカン解放党(ALP)などが予備的な聞き取り調査を開始した。
 関係者によると、PNLOとALPの支配地域でそれぞれ「旧日本兵が村で家庭を築き、数年前に亡くなった」との証言が寄せられた。各勢力は、旧日本兵の家族とされる人々への接触を試みている。
 PSLF地域では、中国国境近くの村で日本兵2人が戦死したとの証言があった。

(2013年1月29日 読売新聞)

« 米軍もミャンマーにおける不明米軍兵の遺骨調査へ | Main | ミャンマーの旧日本兵遺骨帰国運動の幹部が拓大を表敬訪問 »