My Photo
無料ブログはココログ

« ミャンマーの旧日本兵遺骨帰国運動の幹部が拓大を表敬訪問 | Main | タイ日教育開発・京都研修の模様 »

January 31, 2013

ミャンマー少数民族地域の旧日本兵遺骨調査で記者会見

 2013年1月31日午前、厚生労働省記者クラブにて、ミャンマー少数民族地域の旧日本兵遺骨調査について記者会見が行われた。
 下記はその模様を伝えた読売新聞の記事。

Dsc00703

*************************************************************

ミャンマーの少数民族勢力地域で今月始まった日本人戦没者の遺骨調査に協力する少数民族勢力の連合組織「統一民族連邦評議会(UNFC)」のクン・オカー共同書記長が来日し、31日、厚生労働省で記者会見した。
 クン・オカー氏は、地元での言い伝えから、少数民族勢力地域には多数の旧日本兵の遺骨が残っているとの見方を示した。
 クン・オカー氏は「(第2次大戦中に)少数民族勢力地域を通って退却した日本人は多い。『村で動けなくなり、亡くなった日本人がいる』といったお年寄りの話が脈々と受け継がれている」と指摘。「遺骨を日本に帰国させようという運動に大いに共感している」と述べ、調査に全面的に協力する意向を示した。

(2013年1月31日 読売新聞)

« ミャンマーの旧日本兵遺骨帰国運動の幹部が拓大を表敬訪問 | Main | タイ日教育開発・京都研修の模様 »