My Photo
無料ブログはココログ

« February 2013 | Main | April 2013 »

5 posts from March 2013

March 16, 2013

ミャンマーで「そば焼酎」を飲んだ

 ヤンゴンのアウン・サン博物館を尋ねた帰りの坂道の途中に、とてもお洒落なB&B(英国式のゲストハウス)があったので、ちょっと覗いていると、マネージャーか゜出てきて、「どうぞコーヒーを」と招き入れてくれた。
 コーヒーを飲みながら、マネージャーと話をしていると、彼は「日本のそば焼酎がある。とてもおいしい」というので、一杯ロックで飲ませてくれた(マネージャーの奢り)。
 これが噂の「そば焼酎」かと思って飲んでみると、とてもまろやかないい感じ。レモンスライスととても合う。
 この焼酎は、JICAのプロジェクトによる、ミャンマー・シャン州でのケシ栽培からの転作事業。「地球の歩き方」にも紹介されている。
 このプロジェクトには色々な苦労話やら、裏話があるのだが、ともあれ、こうしたケシ栽培からの転作事業の推進は、ミャンマーの少数民族問題を解決していくうえで、非常に重要なプロジェクトである。
 タイ日教育開発では、麻の繊維づくりと楮による紙生産を計画しているのだが、これから苦労が絶えないだろうと、飲みながら考えた次第。

Dsc00746


Dsc00747


Dsc00748


B&Bのマネージャーのウィリアムさん
とても気さくな人で、しかも完璧な英語。
酒類の研究家でもあるらしく、とても詳しい。
このB&Bは開店して、まだ四か月とのこと。
GARDEN HOME
WWW.gardenhomebnb.asia
料金は、一泊シングル75ドル。ダブル85ドルとのこと。
ホテル需要が高いヤンゴンでは、まあ仕方ないかという料金。


ミャンマー・ベグーにある旧日本軍の慰霊碑

 ヤンゴンから北に、車で1時間30分ぐらいのところにペグー(パゴー)という古都がある。
 そこには、有名なシュエターリャウン寝仏がある。その寝仏の入り口から少し北にいったところの突き当りを右に少し行くと、チェニガン寺院とその学校がある。その寺院の最も奥に、旧日本軍第55師団の慰霊碑がある。寺院の協力によって建立されたもので、もともとは1979年に別のところにあったものが、1997年に同所に移設されたとのことである。
 第55師団は第18師団とともに、インパール作戦に投入された部隊。戦史を紐解くと、凄惨な戦いと撤退の際の悲惨な状況が記されている。
 日本人も結構尋ねる場所のようだが、ペグーを訪れた際には、少し足を延ばしてその碑にもお参りされてはいかがだろうか。

Dsc00740


 

アウン・サン将軍の言葉

ヤンゴンでミャンマーの建国の父であるアウン・サン将軍の足跡を訪ねた。ヤンゴンの中心部にある有名な寺院であるジュエダゴン・パヤーの奥には、将軍らがヤンゴン大学の学生の時に、英国の支配下にあった大学の方針に抵抗するために集まった11人の人物の名をを刻んだ碑が遺されていた。そして、日本大使館のすぐ裏手には、アウン・サン将軍の家がそのまま残されていて、アウン・サン博物館になっている。
そのアウン・サン博物館にある書籍の中に、アウン・サン将軍が遺した、少数民族問題についての言葉があることを見つけた。それは、英国の植民地支配から独立を目指していた時のものである。ミャンマーの自由と独立を勝ち取り、そしてミャンマーの統合のために、愛国主義を訴えながらも偏狭な民族主義を排するというもので、特にミャンマー国内の少数民族との協調を訴えたものである。
当時の英国の植民地統治の手法は、どこでも同じだが、その国の中で対立する民族間の分裂を図りながら、間接的に統治するという狡猾なものだった。その影響が今日でもミャンマーの国内に強く残っているのである。それが、今日のミャンマーの民主化の最大の足かせになっているというわけである。
この言葉を、ミャンマー政府も各少数民族も重く受け止めてもらいたいものである。

「自由のために戦うとき、諸民族と諸階級はともに手を携えていかなくてはならない。そして、分裂をたくらむ大英帝国主義に細心の注意を払わなくてはならない。私たちは性急になりすぎてもならないし、躊躇してもならない。それで、私たちは究極の勝利を確信する。」

出典 MYA HAN edit., The Writngs of General Aung San, 出版社、発行年不明

そして、博物館には将軍が遺した以下のような素晴らしい言葉がパネルに遺されていた。

「政治的概念の意味からすれば、民主政とはただ単に公衆のために、公衆によって選ばれただけの政府があれば完成するというものではない。政府が平等的な環境による公衆の経済的状況を進捗させる時にのみ、本当の民主政が進歩のために機能しえるのである」

この言葉は、現在でも有効な名言だと思う。


Dsc00738


ジュエダゴン・パヤーにある石碑


Dsc00742


アウン・サン博物館

March 01, 2013

ミャンマー カチンとの和平交渉が不透明に

 以下は、カチンの反政府組織(KIO)の議長であるZawng Hra氏が、政府との今週の和平交渉を保留にしたという現地のKACHIN NEWSによる報道。
 先日、日本財団の仲介によって、チェンマイにて和平交渉が始まったばかりだった。三月の早い段階での再開を目指すようだが、先行きは不透明である。
 問題の焦点は、少数民族側からの主張として、かつてミャンマーが独立した時に、アウン・サン将軍が少数民族に「高度な自治」を約束したのだが、それが新憲法でも保障されていない点をどうするかということ。そして、少数民族の武装解除すなわち国軍への編入問題である。
 それに加えて、特にカチン州は中国との国境にあることから、物流の一大ルートになっており、その物流にかける税金(通行料?)の帰属問題がある。いわば、政府にとっても、カチン族にとっても、貴重な財源であり、その権利を巡っての闘争という面もある。

**************************************************************


KIO not ready for peace talks this week, as army resupplies frontline
Thursday, 28 February 2013 10:00
Report by Kachin News Group

Senior representatives of the Kachin Independence Organization (KIO) have told their counterparts from the government's negotiations team that they are not ready to meet this week for further peace talks, the Kachin News Group has learned.

The next round of peace talks which were supposed to take place before the end of February are now expected to happen sometime in early March but it remains unclear where the talks will take place. Government officials are known to want the talks on Burmese soil something that the KIO has so far resisted.

Last week government representatives met senior KIO officials in the northern Thai city of Chiang Mai during as part of talks between the government and the United Nationalities Federal Council (UNFC), an alliance of Burma's armed ethnic groups which includes the KIO.

The government's peace team led by the President's Chief negotiator Aung Min has met their KIO counterparts more than a dozen times for formal and informal talks since the Kachin conflict began in June 2011. While many of the sessions have involved representatives of Burma's military during the army has not participated during the most recent rounds of talks. A major sticking point in the negotiations is the government's refusal to recognize a 1947 agreement signed between General Aung San and ethnic leaders including the Kachin that granted Burma's ethnic minorities a fair amount of autonomy. The Panglong agreement reached just months before Burma got independence was never fully implemented after the death of Aung San.

Another point of contention is the army's refusal to withdraw troops from territory recently captured during the fighting. The army has so far declined to reduce its presence along the front line leaving many Kachin with the suspicion that despite a recent slowdown in the fighting a new offensive on the KIO may be imminent.

Reports from the field indicate that the army has used the slowdown in fighting to send more reinforcements to front line positions. On February 24 the Burma army commandeered trucks from civilians in eastern Kachin state to send arms and food supplies to troops stationed near Loije according to reports from the field. Situated on the Kachin Burma border Loije, is close to the KIO's second largest town Mai Ja Yang. This week also saw the army send more troops and supplies to reinforce government positions at La Ja Yang, a village recently captured by the army that is close to the Laiza the KIO's de facto capital.

Despite the recent slowdown some fighting continues. On February 25 Kachin Independence Army troops led by Lieutenant Dai Mau Muk Lung exchanged fire with army units from Infantry Battalion 200. The firefight took place north of Lawk Hkawng, in the Pangwa region located near the China Burma border. During the fighting government troops were supported by members of the Border Guard Force 1002 (formerly part of New Democratic Army - Kachin). According to information provided by KIO staff the army side lost at least 8 men including 2 lieutenants.

タイにおけるイスラム系武装勢力との和平交渉

 以下の記事は、CNNが報道した、タイ政府とタイ南部のイスラム系武装勢力との和平交渉が始まったというもの。
 マレーシアのクアラルンプールで、次回が開催される模様。
 これまで、軍人や警察官のみならず学校の教師などもテロの標的になって犠牲者になっていたのだが、何とか和平へ向かってもらいたいものである。学校の教師が標的になっていたのは、学校がイスラム系住民を同化させていく政策をになっているという見方からである。
 タイの国内の少数民族も複雑だが、多くの少数民族はすでにタイ人として同化しているのだが、タイ南部のパッターニ県などでは、多くの住民がイスラム教系のために、分離独立を目指した武力闘争が続いていたものである。
 同様の報道が、本日付読売新聞の朝刊にも出ている。(読売新聞バンコック支局長の深沢記者は、こうした問題をよくレポートされるので感心してます)

*************************************************


(CNN) -- A little reported insurgency that has claimed the lives of more than 5,000 people in the last decade showed signs of moving towards a peaceful resolution Thursday, as Thai authorities agreed to hold talks with Muslim rebels in the restive south of the country.

The head of Thailand's National Security Council, Lt. General Paradon Phatthanatabutr, told CNN "a general consensus on the peace dialogue process" had been agreed with Hassan Taib, the leader of separatist group Barisan Revolusi Nasional (BRN), following a meeting in Malaysia -- which is playing the role of "facilitator" in the discussions, he added.

"It is a good start, at least we can now talk," said Paradon. "It will certainly open doors to those who don't always share the extreme ideology to come out and start talking with us. Then we can build understanding with each other."

EXPLAINER: Thailand's deadly southern insurgency

Paradon said the talks could begin in Malaysia within two weeks, and that they will show the international community that the Thai government is trying to solve the conflict by peaceful means, respecting due process.

Nine years of drive-by shootings, bomb blasts and beheadings have left thousands dead or maimed in Thailand's southern provinces of Pattani, Yala, Narathiwat, Satun and Songkhla, as insurgents fight for a separate Islamic state for the region's 1.8 million Muslim ethnic Malays -- a demand that Bangkok has so far rejected.

Insurgents have withstood and adapted to the military's tactics, growing more proficient and daring in the process.

International Crisis GroupAs a result, the Thai government has sent more than 150,000 soldiers to the region -- which was once part of an independent Malay Muslim sultanate until it was annexed by Thailand, then known as Siam, in 1909 -- to protect it from the estimated 3,000 to 9,000 rebel fighters, according to estimates from human rights groups.

But analysts say the Thai military has struggled to deal with the militants.

"Insurgents have withstood and adapted to the military's tactics, growing more proficient and daring in the process," the International Crisis Group, a nonprofit organization that provides analysis and advocacy on conflicts around the world, said in December.

Successive Thai governments "have opted to muddle through South East Asia's most violent internal conflict," the group added in a report on the conflict, citing "bureaucratic turf battles and a bitter national-level political struggle."

The region has seen a recent upsurge in violence, with increasingly bold attacks by rebels. Last month, 16 insurgents armed with laser-guided rifles and hand grenades were killed during a night assault on a military base in Narathiwat. The military managed to repel the attackers after receiving a tip about the raid, a spokesman for the Thai military told CNN.

The military was not so fortunate days earlier when five soldiers were killed by a roadside bomb in neighboring Yala province.

However, Thursday's agreement in Kuala Lumpur was met with cautious optimism.

"It shows that this government is not only using the military but also engaging with insurgent leaders," said Sunai Phasuk, a senior researcher with Human Rights Watch.

But he warned that Thai authorities must also address important grievances on the ground, including accusations of security forces acting with impunity, for talks to be meaningful.

« February 2013 | Main | April 2013 »