My Photo
無料ブログはココログ

« March 2013 | Main | May 2013 »

2 posts from April 2013

April 05, 2013

犯罪収益移転防止法の改正の不快

 犯罪収益移転防止法が改正されて、平成25年4月1日から施行された。 取引時の確認事項が増え、特定事業者が新たに追加され、ハイリスクの取引時の確認に注意が必要というのが、警察庁や金融庁のお達しである。
 この法律の趣旨であるテロ資金流用の防止、そして「なりすまし」やら「オレオレ詐欺」などの犯罪に金融機関が警戒をすることは大いに賛成する。
 しかし、物事には「過ぎたるは及ばざるが如し」とか「羹に懲りて膾を吹く」という言葉があるように、金融機関の窓口では、あまりにもやりすぎである。
 というのも、今日、子どもの大学の学費を振り込むために、某銀行の窓口を訪れた。窓口の素敵なお嬢さんから、次のように言われた。
 「法律が改正されて、お客様の本人確認をさせていただきます」
 ふむふむ。それは結構です・・・。
 「お客様は、娘さんの父親ですか」
 当たり前だろ。誰が娘の学費を父親の替わりに払うんだ!
 「娘さんには銀行口座はありますか」
 そんなの知るか!
「この書類に必要事項をお書きください」
 なにを書くの?
「お客様の氏名、生年月日、住所、職業そして払い込みの目的、さらにお客様の職業です」
 ふざけんな! なんで、学費を振り込むのにそんなものを書かなくてはならないんだ!!
「それに、お客様の銀行口座は何を目的に作られていますか?」
なんなんだそれは!!!!
誰がそんなことを指示している??
「法律の改正でそのように指導されています」

 ということで、窓口のお嬢さんに文句を言っても仕方がないので、さっそく金融庁に確認の電話。
 担当の職員の弁では
 「法律の趣旨をご理解ください」
 はいはい。十分に理解しています。
 で、大学の学費を振り込むのに、そんなことまでさせるように指導しているの?
「金融庁ではそこまでは指導していません」
 金融庁では同法にそって、疑わしい取引というものが示されているけれど、学費の納入と言うのはそれに該当するの?
「まったく該当しません」

 ということで、銀行協会が法律の趣旨に従って、独自のガイドライン・フォーマットを設定して、各銀行にまったくつまらない指導を行ったというわけである。
 ということで、さっそく、某国会議員に改善を求める抗議の電話。

 こんなことでは、自由な商取引を規制するに等しい。もちろん、不正な取引を防止することは必要だが、明々白々なる正当な商取引まで規制をかけることになる。それに、銀行窓口での職員の負担の増加、利用客の精神的ストレスの増加をもたらしてしまう。まったく無駄なものである。

 似たような話が、個人情報保護法でもある。法律の施行にともなって、何が起こったか。
 不動産取引協会が独自のガイドラインを作り、全国のアパートやマンションの個人の表札を撤去してしまったのである。プライバシーの侵害を未然に防止するというのである。
 個人の表札までプライバシーの侵害にあたるとは到底法律の適用外なのに、客とのトラブルを回避するために、すべて撤去してしまった方が無難と言うわけである。その結果は、隣同志でも名前も知らないし、誰だかわからない寒々とした地域社会を作ってしまうのである。

 徳川家康公の家訓に、「過ぎたるは及ばざるがごとし。及ばざるは、過ぎたるに勝る」という趣旨の言葉がある。
 このやりすぎの窓口指導は即刻やめにするべきであろう。


 



 

April 03, 2013

ミャンマー 懸念される仏教徒とイスラム教徒との対立

 本日のヘラルド・トリビューンに大きくヤンゴンでのイスラム教寺院の火災について報道された。
 その寺院では子どもたちが多く犠牲になった。報道では中で睡眠をしていた15人の子どもたちが死亡した模様である。
 火災の原因は電気系統のショートということだが、関係者の中では電気系統に異常はなかったことから、何らかの事件だという見方もあるようだ。
 この火災が大きく取り上げられたのは、昨年からミャンマーの各地で、仏教徒とイスラム教徒との間で、深刻な対立が発生しているからである。ラカイン州のイスラム教ロヒンギャ族の人たちが、仏教徒によって数百人が殺害され、10万人近くが家を追われるという事件があった。そして、3月にはミャンマーの中央部のMeiktilaでも、イスラム教徒の住居地が焼き討ちにあって、数10人が死亡した。この二つの事件も、ささいな住民同士のトラブルが発端だった。小さなトラブルが大きな被害を生むような、民族対立の土壌が広がっているのである。
 ミャンマーは非常に複雑な民族構成になっている国である。だから、民主化を歩み始めたミャンマーにとっては、平和と発展を実現するために、民族間の融和と共存をどのように進めていくかが最大の政治課題であると言えよう。

« March 2013 | Main | May 2013 »