My Photo
無料ブログはココログ

« 小平市の住民投票・不成立で開票されず | Main | 拙論が出ました 「ミャンマーの少数民族による高度な自治 »

May 27, 2013

ミャンマー版 民族浄化政策?

 本日のHerald Tribuneの報道によると、ミャンマー西部のラカイン州で、ミャンマー版民族浄化策が進められるという。それは、ミャンマーにおける仏教徒とイスラム教徒の間での宗教対立が背景にある。
 5月25日にミャンマー・ラカイン州が発表した内容は、ラカイン州の街であるButhidaung とMaundawにだけ適応される政策として、イスラム教徒は子供を二人までに制限するというもの。それらの街は、イスラム教徒が95%を占めるという。同地区は他の地域と比べて、10倍以上のスピードでイスラム教徒が増え続けており、その対策に郷を煮やした同州政府の苦肉の策とのことである。
 世界で有名な出産制限は、言うまでもなく中国の「一人っ子政策」であるが、中国の少数民族は適用が除外されている。中国政府としても、少数民族の「懐柔」のためには、そうした制限は好ましくないとの判断をしたためなのだろう。それとは、逆に、ミャンマーでは少数民族を増加させないための産児制限である。
 ただでさえ、このラカイン州の民族対立が激化して、ミャンマーの民主化の足かせともなりかねない地域で、こうした手法の「民族浄化政策」は、新たな対立の火種ともなりかねない。

« 小平市の住民投票・不成立で開票されず | Main | 拙論が出ました 「ミャンマーの少数民族による高度な自治 »