My Photo
無料ブログはココログ

« March 2015 | Main | December 2015 »

3 posts from August 2015

August 05, 2015

ミャンマー軍人幹部ご一行への不機嫌

 ミャンマーが民主化し始めたころ、ミャンマーの地方都市を旅したことがある。ホテルから空港にタクシーで向かっていたところ、やたら多くの軍人や警察官が沿道で道路交通規制を始めて、私が乗っていたタクシーも検問で止められた。止められていたタクシーの隣を、パトカーを先頭にして黒塗り高級車が数台列をなして高速で通り過ぎて行った。
 タクシーの運転手によれば、軍の幹部たちが、軍専用のゴルフ場に来た帰りだとのことであった。確かに、ホテルから空港に向かう途中に、高級リゾートホテルを思わせる広大な敷地の軍専用ゴルフ場があった。
 空港に着くと、大勢の軍人たちがゴルフバッグを担いで、飛行場のVIP入り口に向かっていた。それを見ながら、たばこでも吸おうと待合室の外にある喫煙場に出たところ、私服の警察官に止められた。「煙草を吸いたいだけだ」と言ったところ、「座れ、そこを動くな」とのこと。しかたなく、座っていたら、件の軍人たちが、軍専用機だと思われる飛行機に、ゴルフバックを積み込んでいた。そしてその飛行機が離陸するまで、民間飛行機は待機させられたままであった。
 軍の重要な会議とか緊急事態であるならば、それぐらいの規制とかは当然我慢しようと思う。しかし、ゴルフを楽しんで帰る軍人のご一行のために、そこまで民間人を規制する必要はまったくないであろう。特権階級化した軍人たちご一行によってもたらされた不機嫌である。ミャンマーの民主化というのも、所詮軍人が制服を脱いでいるだけである。事実上の軍政は続いている。軍政の方が統治をしっかりとする、という評価をする人もいないではない。だが、ゴルフをするために軍専用機を使う軍人を見ても、そう思うのだろうか。

やたら国民を管理強化するタイ軍政

 タイが軍政になって、やたら国民を管理統制したがっているようである。これまでも何度か軍によるクーデターがあり、そのたびに軍政になっていたが、国民を縛ることはあまり強くなかった。タイ軍政の独特のものだった。ところが、今回の軍政はこれまでとは違って、やたら規制を厳しくしている。

 例をあげると、

・「仏陀感謝の日」に禁酒とすることを法律で定めた。全国的な禁酒の強制である。ホテル、レストランやバーといったところはもとより、コンビニでの酒の販売も禁止した。これまでも、禁酒の日にはレストランが自主的に禁酒にしていたが、それはタイの宗教的慣習だった。だから、外国人が多い店などでは、酒を飲ませてくれていたが、今回からは全面的に禁酒。バーは仕方なく臨時休業を余儀なくされていた。

・全国的な禁煙。ホテルやレストランでも、室内では全面禁煙。これで喜んでいる嫌煙家も多いだろうが、愛煙家にとっては地獄である。

・飲酒運転の厳罰化。これは歓迎すべきことだろうが、措置がすごい。取締りでつかまると、そのまま留置所に一泊。高額の保釈金を支払い仮出所。その後で、裁判所に出廷して、罰金の支払いとなる。外国人もまったく同様の措置。

・外国人の携帯電話SIMカードの登録制の導入。SIMカードを買っても、登録しなくては、受信できても、発信できない。これは私も困った。何度かけてもつながらないので、電話機が壊れたと思っていたが、実は登録をしなくてはならないという法律ができだばかりだということが判明。ただし、不思議なことに、タイ国内には発信できないが、海外には発信できた。変な話である。

・タイとミャンマーとの国境の規制。国境沿いに住む地元の人たちは、正規の出入国管理もなくタイとミャンマーの間を日常的に往復しているが、それも場所によって規制を強化。規制された場所では、地元の人も逮捕されるという。

 良いような悪いような規制の強化だが、基本的にはあまり嬉しくない。軍政の方が治安が良くなるから歓迎する、という声を聞かないわけではない。だが、軍政というのはやはり国民への管理監督を強化をすることが好きな体制なのであるということを改めて感じた次第である。

August 04, 2015

ミャンマーの小学校に文房具支援

 タイとの国境沿いにあるミャンマー・カレン州ミャワディの小学校に、文房具を支援。
 今年の春に、トイレ建設の支援をした小学校。その後の確認という意味もあって、再び訪問。
 ミャワディ市内からは車で1時間程度。雨季で道路は水浸しだし、もともと道路は舗装されておらずボロボロだし・・・。市内からわずか数キロしかないのに、とてつもなく遠い感じがする。 正直、タイ側に戻るとホットする。
 小学校の校長先生によれば、この地域は若い女性の出産が多くて、生徒数が激増するとのこと。日本から見ると羨ましい話だが、校長先生にとっては先生の確保、施設の確保、教材の確保で頭が痛いようだ。
 この小学校には、今後、トイレ建設を支援したグループによる再支援も計画されている。


P8040205

« March 2015 | Main | December 2015 »