My Photo
無料ブログはココログ

« 地方自治は国政の「踏み台」ではない | Main | 選挙互助会化した日本の政党 »

October 02, 2017

「しがらみ」のない政治はない

 小池都知事の「希望の党」のモットーは「しがらみのない政治」とのことである。そのため「しがらみ」がある民進党の元閣僚・幹部は排除の対象とされた。おまけに護憲・リベラル派も「しがらみのある政治家」ということで、同様に排除された。要するに、「しがらみのない政治」とは、初代女性首相になることが目標の彼女にとっての「お邪魔虫」を排除するためのスローガンということだ。それはそれで彼女の当面の戦略としては十分に理解できる。
だが、もともと政治とは「しがらみ」の世界である。「しがらみ」の中で生きるのが、政治家の宿命である。仮に「しがらみ」をすべて切ってしまうと、残るのは「わが身」のみである。

 例えば、今回の排除の論理では安保、憲法改正、外国人参政権という三つの政策課題がその判断基準とされたようだが、他にも政策課題は無数にある。仮にこの三点をクリアしたとしても、次から次へと出てくる重要政策課題、例えば消費税値上げ問題についての各候補者の考え方には幅があるだろう。だとすれば、小池都知事と異なる意見を持つ者は、消費税問題に判断が迫られた時点で排除されなくてはならないはずである。つまり排除の論理で行けば、判断基準が示される毎に、自分の意見と異なる者を切り捨てていくことになる。

多数派を形成していくことが、政権を奪取して、自分が総理大臣になるための必要十分条件であることは重々承知の上での排除だろうから、要は「好き嫌い」とか「自分の配下に収まるか否か」が判断基準なのだろう。その表向きの表現として「しがらみ」を挙げているのではないだろうか。

国民にとっては「しがらみのない政治を造る」というスローガンはもっともらしく聞こえるし、新しい政党への期待感を高揚させる効果がある。だが、もともと政治は「しがらみ」によって成立する世界だから、選挙の騒ぎが収まり、ぼんやりとしていた新しい政党の姿がはっきりとしてくると、そのスローガンとはまったく異なる姿を現してくる。そして、国民にとっては、その姿が「希望」の対象から「絶望」へと簡単に変わってしまうことは、これまでの政界再編でしばしば現れた現象である。だから、おそらく今回も同様のプロセスを辿ることは、民進党から移る政治家たちは百も承知である。彼らは彼らで「希望の党」を、雨露を凌ぐための当面の「宿り木」としか考えてはいない。それはそれで、彼らの「しがらみ」でもある。

このように、政治家は「しがらみ」の呪縛から逃れることはできない。その「しがらみ」を排除するのではなく、どのように自分の政治権力を強めていくために活用するかが、一国の首相にもなろうかという政治家にとっては、最も重要な資質の一つなのである。

« 地方自治は国政の「踏み台」ではない | Main | 選挙互助会化した日本の政党 »