My Photo
無料ブログはココログ

« ミン・アウン・フラインの息子が所有するホテルを再開 | Main | ミャンマー 国軍とカチン族との衝突 »

March 24, 2021

ミャンマー 7歳の少女が射殺された事件の詳細

 ミャンマーのマンダレーで、23日、国軍に7歳の少女が射殺されたとの報道がありました。この事件について、Myanmar Now が家族に取材しています。以下はその記事です。

***************************************

Myanmar Now (2021.3.24)

 火曜日(323)の午後、マンダレーのチャンミャタジ・タウンシップの近所で軍の襲撃で殺された3人のうち、7歳の少女がいたと、親戚や地元の人々がMyanmar nowに語った。

 姉のエイ・チャン・サン氏によると、キン・ミョー・チットは、アウン・ピン・ル区の自宅で父親の膝の上に座っていたときに、兵士に腹部を撃たれたという。

 軍隊は午後4時頃にバイクや他の車両でこの地域に到着したと彼女は言った。兵士と警察はそれから彼女の家族の家のドアを蹴って中に入った、と彼女は付け加えた。

 「彼らは私たちの家に横柄に突入しました」とエイ・チャン・サンは言う。「家にいた人は皆、座るように言われました。」

「彼らは家の全員がそこにいるかどうか尋ねました。父はみんなだと答えました。キン・ミョー・チットは私たちの父の膝に座っていました。兵士たちの一人は私の父が嘘をついて周りを見回していると言った」と彼女は言った。

 父親は、部屋には6人の家族だけがいると繰り返し、兵士は父が嘘をついているから父を撃った、とエイ・チャン・サンは付け加えた。しかし、弾丸は父親ではなく代わりにキン・ミョー・チットに当たった、と彼女は付け加えた。

 兵士たちはその後、19歳の兄を銃の尻で殴り、血まみれになったままで連れ去った。

「私たちは兵士たちが兄を連れて行くのを止めることができませんでした」とエイ・チャン・サンは言った。

「私の父も、子供が腕を組んでいたのでどうしたらよいかわかりませんでした…兵士たちは子供を与えるように父に言いました。しかし彼女の父は拒否しました。」

 兵士たちが去った後、家族はキン・ミョー・チットを病院に急いで連れて行ったが、医者は彼女を救うことができなかった。エイ・チャン・サンは言った。「私たちはとても苦しんでいます。私たちは子供のために悲しみ、他の子供のことを心配しています。」

« ミン・アウン・フラインの息子が所有するホテルを再開 | Main | ミャンマー 国軍とカチン族との衝突 »