My Photo
無料ブログはココログ

« JICAの事業の中止を求める記事 | Main | ミャンマー 子供たちを暴動に使っていると国軍が主張 »

April 04, 2021

ミャンマー ミン・アウン・フラインの演説

  下記は、ミャンマー国営放送で流された、4月3日の会議での国家行政評議会議長、 軍最高司令官であるミン・アウン・フライン上級将軍の演説です。一言でいえば、我田引水。発言の趣旨と現実の姿が真逆であることを知っているはずなのに、自己を正当化することに恥じることがないという状況です。これでは救いようはありません。

***********************************************************

【MWD ミャンマー国営WEB放送】

国家行政評議会議長、 軍最高司令官であるミン・アウン・フライン上級将軍の演説

ネピドー4月3日 

 

 民主主義では選挙が不可欠であり、我が国では、有権者の77%が2010年の選挙で投票しました。2015年の選挙では、70%近くが投票しました。2010年に政権を握った政府はある程度の成功を収めることができましたが、多くの困難に直面しました。2015年の選挙で新政府が誕生し、5年間の任期を経て、政府の行動に対する多くの批判がありました。国の政治、ビジネス、 ソーシャルのあらゆる面でニーズが満たされていないという批判がありました。

 さらに、違法行為が見つかりました。したがって、国民は政府の行動に満足していません その結果、選挙に関しては、人々は不満を抱き、投票することを望まず、反対票の動きが高まっていました。2019年 ラングーン市開発委員会の選挙では、有権者のわずか14%が投票しました。 
 しかし、2020年の選挙の時点で、COVID-19が発生し、社会的距離に応じての選挙であったにもかかわらず、投票率は71%でした。有権者リストは何度か発表されています。有権者リストの結果に多くの不一致が見つかりました。マディラタウンシップには29,000以上の不正投票があり、全国で1,000万票以上あります。有権者リストの不正を可能な限り民主的に解決する試みがなされましたが、解決に失敗し、第3議会を召集して新政府を樹立しようとしました。2008年憲法により、2021年 2月1日以降、この国では緊急事態が宣言され、軍が国家行政評議会を結成しました。真の民主主義をもたらすために軍事政権は、規律ある強力な民主主義のために働きます。 

 民主主義は世界の多くの地域で実践されています。選挙プロセスは同じではありませんが、国の文化的特徴です。軍事政権は、2008年の憲法に従って、複数政党制民主主義に対する人々の願望を形成しました。また、民主主義がまだ成熟していない国でもあります。したがって、いくつかの国や組織は、彼らが望む種類の民主主義をもたらすために異なるトピックやアイデアを考え出しました。また、さまざまな取り組みが行われていることがわかりました。 

 軍事政権が国家を掌握した後の最初の週には落ち着きがありましたが、2週目に抗議が始まりました。それから暴力や 無秩序な行動による騒ぎがあります。 警察署や 司法に加えて、正直で平和に暮らしたい人のための建物があります。 工場が燃やされ、 強盗、侵入の試みなど、暴力の段階にまで広がっていることがわかっています。治安部隊は、暴力に対処するために、少なくとも法律の規定に従って配備されなければなりません。

 軍事政権は、複数政党制民主主義への道をしっかりと進んでいます。新しく設立された連合選挙委員会(UEC)は、各タウンシップの有権者リストを精査しており、以前の軍の調査結果よりも疑わしい有権者リストが多いことを発見しました。次の選挙では、国勢調査の正確さと市民の正しい登録に焦点を当てます。これは、自由で公正な選挙の最も基本的なことです。 
 軍事政権の主な任務は、国を守り、外部からの脅威を防ぐことです。しかし、国民は何世代にもわたって反乱に巻き込まれ、今日でも関わっています。私たちは、軍事政権が非常に有能であることを望んでいます。私たちは常に強い軍隊になるよう努力しなければなりません。さらに、食糧を節約するためには、軍が所有する農業と国が所有する農業が成功しなければなりません。国の発展のための知識や、熟練した教育を受けた人材が必要であり、基本原則は良い教育を受けることです。1年間の学校閉鎖のため、親と生存者 生徒たちに危害を加えたため、学校の再開に向けた取り組みが進んでいます。さらに、条件が許せば、適切な規則や規制に従って、伝統的なミャンマーのティンヤンフェスティバルが許可されます。 

 個人のパフォーマンスが良い場合にのみ、チームのパフォーマンスも向上します。私たちは自分の責任を正直に果たす必要があります。私たちの本来の使命は国を守ることなので、良心を持って働き、自分自身と軍隊の改善に努めなければなりません。私たちは国と国民の尊厳を高めるために努力しなければなりません。 

« JICAの事業の中止を求める記事 | Main | ミャンマー 子供たちを暴動に使っていると国軍が主張 »