My Photo
無料ブログはココログ

« EUによるミャンマー経済制裁 第2回 | Main | ミャンマー・タイの国境沿いで国軍とKNUが衝突 »

April 27, 2021

ASEAN首脳級会議についてのミャンマー国家統治評議会のプレスリリース

 下記は、ASEAN首脳級会議についてのミャンマー国家統治評議会のプレスリリースです。国軍によるクーデターを正当化する意思が透けて見えます。

************************

ネピドー426

   2021 424日、国家統治評議会議長で軍最高司令官であるミン・アウン・ラインは、ジャカルタでのASEAN首脳会議で演説した。

   会議では、国家統治評議会議長が、「ASEANの繁栄のために一緒に働きましょう」というテーマについてブルネイのASEAN議長国への支持を表明した。国家統治評議会議長は、ASEAN議長国と緊密に協力するというミャンマーのコミットメントを繰り返した。

   会議で、国家統治評議会の議長は「21日、軍は2008年憲法に従って国家責任を引き継いだ」と発言した。国家統治評議会議長はまた、暴動の段階と国家統治評議会の構造とプロセスならびに将来の目的について説明した。

   ASEAN首脳は、ミャンマーの現状とASEAN議長国声明の内容について意見交換を行った。ASEAN首脳の提案のいくつかに応えて、ASEAN首脳の前向きな提案は真剣に受け止められた。法の支配とミャンマーのコミュニティの平和と安定が優先されるため、ASEAN首脳の勧告は、国内の安定に基づいて国の利益のためにのみ考慮される。したがって、勧告は、政府によって設定された5カ年計画の実施を支援することである。

   国家統治評議会議長は、ビルマの現在の政治情勢についてコメントする前に、会議で広められた情報を注意深く検討した後にのみコメントしたいと述べた。

 国家統治評議会  プレスリリースチーム

 

« EUによるミャンマー経済制裁 第2回 | Main | ミャンマー・タイの国境沿いで国軍とKNUが衝突 »