My Photo
無料ブログはココログ

« ミャンマー 子供たちを暴動に使っていると国軍が主張 | Main | ミャンマー・マンダレー もはやキリング・フィールド »

April 06, 2021

ミャンマー・シャン州 国軍による攻撃の可能性が高まる

 下記はミャンマー国軍の攻撃が迫っている、というシャン州難民委員会からの報告。  文中にあるように、ミャンマー国内にある避難民キャンプはタイ・ミャンマーの国境沿いにある山の頂上付近に露出して作られているため、攻撃にさらされる可能性があります。もしこれらの避難民キャンプが攻撃されたら、タイ国境を越えて避難するしか道はありません。

********************************************

Shan refugee organization (2021.4.1)

   シャン州難民委員会(タイ国境)は、ミャンマー国軍がシャン州/シャン州の復興評議会の国境位置を攻撃し始めると発表した後、シャン州南部とタイの国境沿いのキャンプにある6,000人近くの国内避難民の安全を深刻に懸念している。

330日、タチレク国境委員会は、メーサイにあるタイのカウンターパートナーに手紙を送り、ミャンマー国軍がタイとビルマの国境沿いのRCSS / SSA基地に対して攻撃を開始する可能性があることを通知した。

 手紙は、ミャンマー国軍が両国間の関係に影響を与えないように、国境のタイ側に弾薬が落ちないようにするだろうと述べた。RCSS / SSAの拠点は、タイのチェンライ、チェンマイ、メーホンソンの各州の向かいにある。

  攻撃の可能性があるというニュースは、シャン・タイ国境沿いの5つの国内避難民キャンプの住民を恐怖に陥れた。彼らは主に女性と子供である。IDPキャンプは、露出した山頂にあり、周囲のビルマ軍キャンプから砲撃が容易な範囲内にある。カレン州で起こっている空襲のニュースによって、国内避難民の砲撃に対する長年の恐れが高まっている。

   国内避難民はすべての収容所に掩蔽壕を用意し、攻撃の最初の兆候で避難するための避難訓練を実施している。しかし、攻撃が始まると、彼らの唯一の保証された安全は国境のタイ側にある。

  したがって、シャン州難民委員会(タイ国境)は、攻撃が始まるとすぐにこれらの国内避難民がタイに渡ることを許可し、安全な避難所、避難所、人道援助へのアクセスを提供するようタイ政府に緊急に訴える。

 

Map_eng1_20210406120301Shan_refugee_ssrcShanrefugee21

 上の地図は、タイ・ミャンマー国境地帯。赤い三角が避難民キャンプ。

 中の写真は、攻撃に備えて塹壕を掘っている模様。

 下の写真は、国内避難民キャンプ。

12 

 

 

 

 

 

 

« ミャンマー 子供たちを暴動に使っていると国軍が主張 | Main | ミャンマー・マンダレー もはやキリング・フィールド »