My Photo
無料ブログはココログ

« ミャンマー カチン州での違法なレアアース採取が急増 | Main | ミャンマー 空軍基地2か所が攻撃される »

April 29, 2021

ミャンマー サガイン州で市民的不服従に参加した軍人が国軍と戦闘

 下記は、ミャンマーのサガイン州タムで発生した、市民的不服従に参加した軍人と国軍との戦闘の模様を記した記事です。他の記事によれば、タムの住民たちは国軍の小銃を奪って抵抗している模様です。ミャンマー各地で国軍への抵抗運動と国軍による弾圧が激しくなっています。

*********************************************

(Irrawaddy 2021428日)

   住民によると、27日火曜日の夜、サガイン州タムで3人の国軍兵士とミャンマー軍への反逆者が死亡した。

   ミャンマー軍への反逆者であるコ・アウン・アウンは、火曜日の午後730分頃に治安部隊が接近したとき、クンタウン橋近くの抗議キャンプで警備にあたっていた。

「銃撃が勃発し、彼は死んだ」とタムの住人は言った。

    銃撃に続いて、軍事政権に反対する民間の抵抗グループであるタム・セキュリティ・グループ(TSG)のメンバーが、インドとミャンマーの友好橋建設現場で治安部隊に対して爆弾を使用し、3人の軍人を死に至らしめた。

「治安部隊がクンタウン橋に向かう途中、民間の抵抗部隊が後方から攻撃した。攻撃した者は、3人の兵士が死亡し、他の2人が危険な状態で救助されたと述べた」とTSGメンバーは述べた。

  階級が不明なコ・アウン・アウンは、21日のクーデター直後に市民的不服従運動に加わったと伝えられている。約50人の兵士と警察官がインド国境のタムで人々の側に立ち、民間人と一緒に国軍と戦ってきた。火曜日の銃撃戦は、ミャンマー軍がタムでの反体制抗議に対して強力な力を行使した412日以来の最初のものだった。

*************************

下のGoogle Earthは、タムのインド・ミャンマーの友好橋付近。インド側の近くには民家もある。

このタムという町は、第二次世界大戦中のインパール大作戦で、日本軍の弓第33師団が進軍した行路のうちの一つである。

44

 

 

« ミャンマー カチン州での違法なレアアース採取が急増 | Main | ミャンマー 空軍基地2か所が攻撃される »