My Photo
無料ブログはココログ

« ミャンマー カレン民族同盟議長が声明 分裂の可能性? | Main | ミャンマーに対する米国財務省による新たな経済制裁対象者 »

May 14, 2021

北角裕樹氏の解放報道の不思議

 5月13日、ミャンマー国軍系テレビ局が、「北角裕樹氏の釈放は、(日本財団会長の笹川陽平)ミャンマー国民和解担当日本政府代表からの軍事政権側への強い申し入れにより実現した」と、発表した。ところが、NHK、フジテレビ、テレビ朝日、TBS、朝日新聞、読売新聞、産経新聞といった日本のマスコミはそのような内容について触れず、日本政府の要請という曖昧な表現である。(東京新聞は笹川会長について記載)

 笹川会長は、513日のブログで「いかなる批判、中傷を浴びようとも問題解決の任を負った者として、覚悟をもって任務を全うするため、あえて”沈黙の外交”を堅持する考えでいる」と書いている。

 日本のマスコミが事実関係の報道を曖昧にしておくというのは一体どういうことなのだろうか。笹川会長自身が沈黙の外交をすると決めているのはそれはそれで本人の意思だが、笹川会長の動きをマスコミが明らかにすることに、何か不都合なことがあるのだろうか。さらに、笹川会長という民間人はともかく、日本政府が「沈黙の外交」を続けて国軍に対して曖昧な姿勢を続けていくことは、ミャンマー国民の日本への信頼が喪失していくことになるのではないだろうか。

« ミャンマー カレン民族同盟議長が声明 分裂の可能性? | Main | ミャンマーに対する米国財務省による新たな経済制裁対象者 »