My Photo
無料ブログはココログ

« マグウェ地域で衝突 キンマ村の全焼事件と国軍施設について  | Main | キンマ村事件 続報 ミャンマー政府の非難声明 »

June 19, 2021

キンマ村事件はフェイクニュース ミャンマー国軍系通信社の記事

ミャンマーの国軍系通信社Myawady Netは、キンマ村(Kin Ma)の事件は、抵抗勢力によるフェイク・ニュースである、という記事を掲載した。キンマ村を放火した犯人は抵抗勢力のグループであり、治安部隊が消火と救出に当たった、という主張をしている。その真偽はともかく、こうした小さな村での事件が、このように国軍側が自分たちの行為であることを否定するのには理由や背景があるはずである。

下記は、ミャンマー国軍系通信社Myawady Net による記事。

********************************

Myawady Net (ネピドー618

ソーシャルネットワーク上の偽のニュースを信じないように

   CRPH、NUGPDFのテロ組織、過激派のNLDメンバー、その支持者は、国家の平和と安定と法の支配を悪化させる試みを伴う扇動と扇動に加えて、ソーシャルネットワーク上に偽のニュースと噂のステータスを投稿している。さらに、彼ら自身がテロ行為を行い、他の人にそうするように促している。

   国内で事件が発生するたびに、外国に拠点を置くマスコミの倫理に反する行為で政府によって禁止されたメディアは、国民のパニックを引き起こすことを目的として虚偽のニュースを誇張し、配布している。

   一部の外国放送局がこのようなニュースを再び発信する中、一部の外交団体は、政府や関係部門の承認を求めずに、このような虚偽のニュースに基づいて一方的に声明を発表した。

   ソーシャルネットワーク上で広まった偽のニュースと虚偽のニュースの中には、615日にマグウェ州のポーク地区のキンマ村で火災が発生したことが治安部隊によって引き起こされたという虚偽のニュースがある。

   実際、キンマ村のNLD支持者と反政府関係者は、テロ行為を支持していないキンマ村のU Kyaw Htayを情報提供者として非難し、彼の家に火を放った。そのため、火災の発生により、村の約100戸の家屋が破壊された。治安部隊が現場に駆けつけ、火を消した。彼らは、より安全な場所として、火事から修道院まで、Daw Khin Su83歳)とDaw Htwar Sein81歳)を救助した。

   事件は、U Kyaw Htayの家に火を放ったテロリストは、彼らの罪悪感をカバーする目的で、Myanmar Now通信社に火事の発生に関する誤った情報を送信した。通信社は、報道機関の倫理の下で正しいかどうかという事実を精査し、虚偽のニュースを放送しないものである。

   さらに、一部のテロ支援者は、ソーシャルネットワークを介して、Tiktokに投稿された他国からの火災の発生に関するビデオクリップに添付されたそのような事件を配布している。

   捏造されたニュースを読んだ人々の間には、憎しみとパニックが広がった。実際、それは国の不安定を引き起こし、人々を精神の不安に苦しめることを目的としている。だからこそ、平和に暮らしたいと願う人々は、偽りのニュースを信じてはならないという情報が発表され、偽造されたニュースに対して集団で行動することが求められている。

Myawadyニュース  添付された写真

105 Picture6_8

 

« マグウェ地域で衝突 キンマ村の全焼事件と国軍施設について  | Main | キンマ村事件 続報 ミャンマー政府の非難声明 »