My Photo
無料ブログはココログ

« 日本ミャンマー協会渡邉祐介事務局長の論文 | Main | マグウェ地域で衝突 キンマ村の全焼事件と国軍施設について  »

June 15, 2021

タイ国境のメーラ難民キャンプで覚せい剤

6月11日の KICの報道によると、タイとビルマとの国境にあるターク県のメーラ難民キャンプで、2,000錠近くの覚醒剤がタイ当局によって押収されたとのことである。タイ軍と警察ならびにキャンプの警備員が、キャンプ内の2人の若い男性からピンクの覚醒剤錠剤の1990錠を押収したとのことである。今回の国軍クーデターに関連して、少数民族武装勢力側が国軍に対抗するための資金源として、麻薬が使われる懸念があるとされていた。今回の件との関係は不明だが、今後とも警戒していかなくてはならない点である。

下記の写真は、KICに掲載されたもの。


« 日本ミャンマー協会渡邉祐介事務局長の論文 | Main | マグウェ地域で衝突 キンマ村の全焼事件と国軍施設について  »