My Photo
無料ブログはココログ

« 全土停戦協定は消滅、KNU顧問グループが発表 | Main | アルベルト・モッセのお墓 in ベルリン »

September 09, 2021

中国の新鉄道 ミャンマー国境まで開通

   Irrawaddyによれば、中国からミャンマー経由でインド洋へアクセスする新しい鉄道路線が825日に国境の中国側に開通したとのことである。鉄道は、四川省の首都である成都から、ミャンマー北東部のシャン州の国境貿易都市であるチンシュエホーの向かいにある中国雲南省の臨滄まで伸びている。

上の写真は、その駅の模様を写したもの。(Irrawaddy   2021830日)

中のGoogle Earthは、中国側の鉄道の最終駅となる瑞麗の写真。街の真ん中に駅ができている。

下のGoogle Erathは、同じく中国側の高速道路のミャンマー国境に近い最終地点の模様で、ミャンマー側はチンシュエホー。

   将来的には、これらがミャンマー国内を通ることになる。もしそれらが完成すれば、中国からガスパイプライン、高速道路そして高速鉄道がミャンマー国内を通ってインド洋と直結することになるので、中国にとっては文字通りの生命線である。だが、当然、これらによって生まれる経済的利益は、国軍に入ることになり、国軍にとっては「ドル箱」である。

169

171

170

« 全土停戦協定は消滅、KNU顧問グループが発表 | Main | アルベルト・モッセのお墓 in ベルリン »